年会研究発表優秀賞について          Updated Nov. 05, 2020

日本鉱物科学会研究発表優秀賞とは,支援内容とは,Q&A--->説明

受賞者へ :奨励金申請書様式(WORDファイル)ダウンロード
研究発表優秀賞受賞者渡航支援制度 成果報告 ⇒

  日本鉱物科学会2020年オンライン年会研究発表優秀賞受賞者 報告2020年9月18日  研究発表優秀賞選考委員会

2020年オンライン年会での研究発表優秀賞に対しては,20件(オンラインのためZOOM利用口頭発表のみ)のエントリーがありました。
■第54回受賞者:冨岡 優貴 (名古屋大・院環境)  
  R8-08:石英–藍晶石系を用いたラマン地質圧力計: 四国三波川帯・石英エクロジャイトの例
■第55回受賞者:森 悠一郎(東大・院理)    
  R3-01:差応力場におけるFe2SiO4 のオリビンースピネル相転移機構と変形の局所化
■第56回受賞者:吉田 一貴(東北大・院環境)    
  S2-03:オマーンオフィオライト下部地殻―マントル境界の蛇紋岩化プロセスに伴うき裂形成:数値シミュレーションと画像解析による考察
■第57回受賞者:松野 哲士(東北大・院環境)    
  S2-04:機械学習による原岩推定を用いた変成岩の物質移動量解析

  日本鉱物科学会2019年年会研究発表優秀賞受賞者 報告2019年9月24日  研究発表優秀賞選考委員会

2019年年会での研究発表優秀賞に対しては,15件の口頭発表と18件のポスター発表のエントリーがありました(合計33)。
第50回受賞者
藤田 和果奈(東北大)渡航支援制度成果報告
   
S2-02 :多結晶岩石における組織形成が浸透率に与える効果
■第51回受賞者 佐藤 侑人(東大・院理)
    S1-01 :一ノ目潟産スピネルカンラン岩捕獲岩の圧力推定による島弧域リソスフェア-アセノスフェア境界領域の復元
■第52回受賞者 高橋 玄(東大・院理)
    R4P-01:地下深部花崗岩内生物圏の鉱物学的特徴
■第53回受賞者 赤松 祐哉(広島大・院理)
      R7P-05: クラックの発生頻度の違いによる海洋モホ面での地震波不連続性

 日本鉱物科学会2018年年会研究発表優秀賞受賞者 報告平成30年9月25日  研究発表優秀賞選考委員会

2018年年会での研究発表優秀賞に対しては,21件の口頭発表と11件のポスター発表のエントリーがありました(合計32)。
■第46回受賞者 木村 皐史 (東大・院理)
   R6-01:早池峰-宮守オフィオライト中のCumulate memberから制約するスラブ断裂のマントルダイナミクス
■第47回受賞者 東 佳徳(京大・院理)
   S2-09:フッ素アパタイト中の水素拡散
■第48回受賞者 川村 英彰(愛媛大・院理工)
      R3-10:上部マントル条件、C-H-O流体共存下におけるマグネサイトの分解
第49回受賞者 萩原 雄貴(北大・院自然)渡航支援制度成果報告
      S1-P02: 流体包有物の地質圧力計としての可能性を探る:流体包有物の再平衡過程解明に向けたその場密度測定法の開発

日本鉱物科学会2017年年会研究発表優秀賞受賞者 報告 平成29年9月25日  研究発表優秀賞選考委員会

2017年年会での研究発表優秀賞に対しては,13件の口頭発表と14件のポスター発表のエントリーがありました(合計27件)。
■第42回受賞者  門林 宏和(愛媛大・GRC)
  S3-08:C-H-O系における氷惑星内部条件下でのダイヤモンド生成条件の解明
第43回受賞者 柿澤 翔(愛媛大・GRC) 渡航支援制度成果報告
  R3-01:Alに富むSuperhydrous phase Bの単結晶構造解析」
■第44回受賞者 鴛海 太郎 (東北大・院工)  
  R2-P12:X線異常分散法による、らせん対称性をもつ鉱物のキラリティの決定
■第45回受賞者  山根 崚(東大・院理)  
  R2-P15:高圧、高電場下における氷VII相の中性子回折実験

日本鉱物科学会2016年年会研究発表優秀賞受賞者 報告平成28年10月3日  研究発表優秀賞選考委員会

2016年年会での研究発表優秀賞に対しては,18件の口頭発表と12件のポスター発表のエントリーがありました(合計30件)。
■第38回受賞者  菊池 亮佑(東大・院理)  
  R4-P03:加水黒雲母の層間内におけるセシウムの拡散速度の定量
■第39回受賞者 鈴木 康太(神戸大・院理)  
  R5-24:雰囲気制御ガス浮遊システムの開発: コンドリュール組織の再現を目指して
第40回受賞者 木村 皐史(東大・院理)渡航支援制度成果報告
  R6-02:早池峰-宮守オフィオライト中の超苦鉄質貫入岩から推定する融解機構とオルドビス紀マントルの熱状態
■第41回受賞者  伊神 洋平(京都大・院理)  
  R8-P09:東南極Napier岩体に産する珪線石の最高経験温度推定― TEMによる微細組織観察とAl/Si秩序度分析 ― 

日本鉱物科学会2015年年会研究発表優秀賞受賞者 報告 平成27年10月30日 研究発表優秀賞選考委員会

2015年から口頭発表も研究発表優秀賞の対象にしたところ,16件のポスター発表に加え11件の口頭発表のエントリーがありました(合計27件)。
第34回受賞者:中村 佳博(新潟大・院自然)渡航支援制度成果報告
  R2-02:実験に基づいた炭質物の結晶構造進化のカ イネティックモデル
第35回受賞者:伊神 洋平(京都大・院理)渡航支援制度成果報告
   R2-P13:高温における珪線石のAl/Si無秩序化と形成組織
■第36回受賞者:淺野 奈津子(愛媛大・院理)
   R2-P16:天然多結晶ダイヤモンド、カーボナードの鉱物結晶学的記載と成因の考察
■第37回受賞者:田口 知樹(名古屋大・院環境)
   R8-02:ザクロ石中に包有されるSiO2相などの鉱物共生 から見た蘇魯帯楊庄地域の超高圧エクロジャイトの累進変成履歴

過去の受賞者準備中