年会研究発表優秀賞について

日本鉱物科学会研究発表優秀賞とは支援内容とはQ&A--->説明

受賞者へ 奨励金申請書様式(WORDファイル)ダウンロード

★2015年年会研究発表優秀賞受賞者渡航支援制度 成果報告書 ⇒

2016年年会研究発表優秀賞受賞者渡航支援制度 成果報告書 ⇒
 

        日本鉱物科学会2016年年会研究発表優秀賞受賞者 報告
                  

                   平成28年10月3日  研究発表優秀賞選考委員会
 

2016年年会での研究発表優秀賞に対しては,18件の口頭発表と12件のポスター発表のエントリーがありました(合計30件)。昨年よりもエントリー数が3件増えて,より高いレベルの競争になりました。研究発表優秀賞選考委員会において審査した結果,上記4件を推薦しました。昨年から,研究発表優秀賞を受賞した学生正会員に対して,海外の学会等で研究成果を発表する或は海外で調査・研究を行うことを支援するための奨励金を設けており,ご活用頂いております。来年も多くの学生に研究発表優秀賞にエントリーしていただき,発表の励みにしていただければ幸いです。

 

第38回受賞者  菊池 亮佑(東大・院理)

  R4-P03:加水黒雲母の層間内におけるセシウムの拡散速度の定量

第39回受賞者 鈴木 康太(神戸大・院理)

   R5-24:雰囲気制御ガス浮遊システムの開発: コンドリュール組織の再現を目指して

第40回受賞者 木村 皐史(東大・院理)

   R6-02:早池峰-宮守オフィオライト中の超苦鉄質貫入岩から推定する融解機構と

     オルドビス紀マントルの熱状態

第41回受賞者  伊神 洋平(京都大・院理

   R8-P09:東南極Napier岩体に産する珪線石の最高経験温度推定 ― TEMによる微細

      組織観察とAl/Si秩序度分析 ―

        日本鉱物科学会2015年年会研究発表優秀賞受賞者 報告
                  
                  平成
27年10月30日  研究発表優秀賞選考委員会

今年から口頭発表も研究発表優秀賞の対象にしたところ,16件のポスター発表に加え11件の口頭発表のエントリーがありました(合計27件)。研究発表優秀賞選考委員会において審査した結果,下記4件を推薦しましたが,全体的にレベルが高い発表が多くありました。なお,今年から,研究発表優秀賞を受賞した学生正会員に対し,海外の学会等で研究成果を発表する或は海外で調査・研究を行うことを支援するための奨励金を設けております。来年も引き続き,多くの学生に研究発表優秀賞にエントリーしていただき,年会にて発表していただければ幸いです。
■第34回受賞者:中村佳博(新潟大・院自然)
  R2-02:実験に基づいた炭質物の結晶構造進化のカ イネティックモデル
■第35回受賞者:伊神洋平(京都大・院理)
  R2-P13:高温における珪線石のAl/Si無秩序化と形成組織
■第36回受賞者:淺野奈津子(愛媛大・院理)
  R2-P16:天然多結晶ダイヤモンド、カーボナードの鉱物結晶学的記載と成因の考察
■第37回受賞者:田口知樹(名古屋大・院環境)
  R8-02:ザクロ石中に包有されるSiO2相などの鉱物共生 から見た蘇魯帯楊庄地域の

       超高圧エクロジャイトの累進変成履歴


★2015年年会研究発表優秀賞受賞者渡航支援制度 成果報告書 ⇒
 

 

過去の受賞者準備中