会 長 挨 拶 

  
一般社団法人日本鉱物科学会 会長 宮脇 律郎
 

 日本鉱物科学会は、「鉱物」をキーワードとする学術専門家集団です。2007年に「鉱物科学の発展と会員への貢献」を目指し、日本岩石鉱物鉱床学会と日本鉱物学会が合併して発足し、「社会と学術界から信頼される開かれた責任ある学術集団」となるべく2016年に法人化しました。今般の新型コロナウイルス感染症の影響は、地球規模であまねく影響を及ぼし、鉱物科学もその影響を免れることはできませんでした。しかし、この逆境にあって、平穏な日々では気がつかないことにも注意が届くこともありました。今こそが、学会のあり方や研究の進め方を含め、様々な日常について、今後について考える機会として捉えるべきかもしれません。

 近年、会員数の減少、英文誌の活性化、和文誌の維持、社会への情報発信・還元、財政の健全化、などの諸問題が顕在化し、理事会、各種委員会を中核に、会員の協力の下、問題解決と企画・実行を進めてきました。この9月に年会をonlineで開催し、発表方法、発表件数などかなりの制約があったにもかかわらず、例年に匹敵する参加者があり、会員が学会に求める機能がより明確になったように思います。

 学術の専門家集団として、それぞれの専門家(会員)の研究が進展しより大きな意義を持つためには、高度な討論や、建設的な査読など、情報交換が盛んになることが重要です。さらに、これを基盤として、さらに研究を高みに上げるための力量、技術や知識を習得できるよう、研究組織を交えて学会が共有や普及を促進することが重要だと考えます。

 様々な危機に対応せざるを得ない昨今の苦境を好機に転じ、会員の研究成果発表を促進し、研究成果を広く世に発信する学会として、会員に望まれる学会の本質的な機能を発揮できる体制を整えたいと思います。学会誌出版、年会などの行事、新しいメディアを用いた広報、事務局のあり方など庶務、財務など学会事業について、「会員の、会員による、会員のための学会」となるよう、「やりたいこと」「やるべきこと」を明確にし、理事、幹事、委員と共に努める所存です。会員の皆様には、いっそうの積極的な参加、発案や実動など、協力をお願いします。

Updated Dec. 16,2020

 


Journal of Mineralogical and Petrological Sciences


岩石鉱物科学

Elements
Elements
日本地球惑星科学連合
IMA