会 長 挨 拶 

  
一般社団法人日本鉱物科学会 会長 土`山 明
 

 この度、一般社団法人日本鉱物科学会の会長に就任いたしました。法人となった学会の最初の会長として、2016年10月より2年間の任期を務めることとなります。鉱物科学のさらなる進展と、地球惑星科学分野における日本鉱物科学会の貢献に尽力する所存です。
  本学会の法人化は、村上隆元会長の時から検討が始まり、小山内康人前会長のもとに法人化の準備が進められました。法人への移行の手続き上、一般社団法人と任意団体としての日本鉱物科学が1ヶ月間共存していましたが、実質的には2016年10月1日から一般社団法人日本鉱物科学が発足しました(注)。日本鉱物科学会は、日本鉱物学会と日本岩石鉱物鉱床学会の合併により2007年9月22日に誕生しています。日本鉱物学会は1952年4月に日本地質学会の部会として活動を始め、1955年6月3日に独立した学会として発足しました。日本岩石鉱物鉱床学会の歴史はさらに古く、1928年10月24日に創立されています。このような88年の歴史をもつ学会が、一般社団法人として新たな出発の運びとなりました。これにより、@社会的及び学術界における信頼性の向上、A責任の明確化による法的安定、B学会による財産の保有などが確保され、コンプライアンスの高い団体として活動していくことになります。
  会員の方には“釈迦に説法”となりますが、鉱物は地球や固体惑星だけでなく宇宙(星周や星間領域)における固体の基本的な構成単位であり、物性の発露する最小単位です。また、岩石は鉱物の集合体ですが、その集合体としての安定性・形成プロセスや物性の理解が重要となります。「鉱物科学」はこのような地球惑星物質の基礎科学を軸として、地球や太陽系を理解するためのツールであり、地質学・地球物理学・地球化学・惑星科学をはじめ多様な地球惑星科学系分野との学問的連携が、今後も不可欠です。また、鉱物や岩石の博物学的な側面(古典的な博物学とは一線を画したものとして)も忘れてはなりません。「鉱物科学」はまた、材料科学・環境科学・生命科学等にも欠くことのできない研究成果や情報を提供し、最近は、災害科学・考古学や法科学などの分野とも連携し、学際的学問領域の発展にも大きく寄与しています。しかしながら、一方では、このような鉱物科学的研究がそれぞれの分野で縦割り的に行なわれているのも現状かと思います。日本鉱物科学会は日本地球惑星科学連合に団体会員として参画しており、本学会会員も研究発表だけでなくセッションの提案など積極的な活動をおこなっていますが、地球惑星物質の基礎科学としての「鉱物科学」について、分野横断的により積極的な発信をおこなっていくことが重要と思います。
  日本鉱物科学会は2007年の発足当初、1000名を超える会員数を有していました。9年を経た現在でもその規模をほぼ維持してはいるものの、ここ4年ほどは微減傾向が続いています。本学会では,大谷栄治元会長,村上隆元会長の頃から,学会の将来構想を具体的に検討し、1) 鉱物科学若手の会YMOの支援などによる若手会員増加のための学会運営、2) シニア会員制度の導入による退会率の減少、3) 鉱物科学会の魅力を高めるための国際誌Elementsの購読、4)Elementsを利用した日本の鉱物科学の国際発信、5) 学会誌の電子ジャーナル化による運営経費削減などを実現して、魅力ある学会を目指してきました。小山内康人前会長のもとにおこなった法人化は、今後の安定した学会の運営に大きく寄与します。また法人化の記念事業の一つとして国石の選定をすすめ、2016年9月24日の総会において会員の投票により「ひすい」を国石としました(詳細は「国石のページ」をご覧ください)。今後も,会員増加につながるよう鉱物科学の魅力を国内外に発信し、将来に向けて着実に歩を進める学会を会員の皆様とともに作り上げていきたいと思います。
  法人は、会長と副会長が代表理事、従来の評議員が理事、正会員および名誉会員が社員となり、新設された監事とともに、運営されます。榎並正樹副会長ならびに理事および幹事の皆様、そして小山内康人監事のもと、鉱物科学の目指す方向、鉱物科学会としての課題について検討し、鉱物科学分野のさらなる発展を目指していきたいと思います。このためには、会員皆さまのご協力も必要不可欠です。是非ともよろしくお願いいたします。
(注)一般社団法人日本鉱物科学は2016年9月1日に設立され、任意団体日本鉱物科学会(旧鉱物科学会)は同年9月30日をもって解散し、翌10月1日に旧鉱物科学会の全会員が一般社団法人日本鉱物科学会へと移行しました。

Updated Sep.02,2017

土`山 明 会長


Journal of Mineralogical and Petrological Sciences


岩石鉱物科学

Elements
Elements
日本地球惑星科学連合
IMA