会 長 挨 拶 

  
一般社団法人日本鉱物科学会 会長 榎並 正樹
 

 この度,一般社団法人日本鉱物科学会会長(代表理事)に就任いたしました。微力ではありますが,2018 年 9月20日より 2 年間の任期を務めます。鉱物科学分野のさらなる発展をめざすとともに日本鉱物科学会が地球惑星科学をはじめとする諸分野においてより一層貢献できるように尽力いたしますので,皆さんのご支援とご協力をよろしくお願いいたします。
 日本岩石鉱物鉱床学会(1928年10月24日創立)と日本鉱物学会 (1955年6月3 日創立)を母体として2007 年9月22日に新たに設立された本学会は,2016年10月1日に一般社団法人日本鉱物科学会へ移行し,土'山 明前会長のもと新たな歩みをはじめました。そして,社会および学術界における信頼の向上とともに,法的安定性などが確保され,社会に開かれた責任ある学会として今日に至っています。この長い歴史の中で,基礎科学の一分野として発展してきた鉱物・岩石学は,やがて「鉱物科学」として,固体地球惑星科学のみならず,材料・物質科学,環境科学や生命科学などさまざまな分野にとって欠くことのできない,新しい切り口の研究成果・情報を提供するに至りました。また,近年では災害科学,考古学や法科学などとの連携により,新たな学際的分野の発展にも大きく貢献しています。そして今後も,日本鉱物科学会の会員の皆さんが自らの専門性を発揮しつつ,鉱物科学の発展はもとより,多彩な学問分野そして新たな産業・技術の発展に寄与していくことが,より一層望まれています。また,日本鉱物科学会は日本地球惑星科学連合に団体会員として参画しており,本学会会員も研究発表のみならずセッションの提案など積極的な活動をおこなっています。今後は,地球惑星物質の基礎科学としての「鉱物科学」の重要性を,分野横断的により広く積極的に発信してゆくことが重要と考えます。
 さて,日本鉱物科学会が対応すべき喫緊の課題として,会員の減少と予算の逼迫があります。本学会は発足した2007年当時は1000名を超える会員で構成されていました。しかし,ここ数年は漸減の傾向にあります。また,それと強く連動して経常的な収支だけを見ると両者のバランスをとるのが困難な現状となっています。これらへの対策のひとつは,長年にわたって学会活動を支えてこられた会員に退職後も学会に参画していただくにはどうしたらよいのか,学生会員をいかに増やすか,そして卒業・修了後も学会に残っていただくためにはなにが必要なのかなどを考えることです。すなわち,「会員や社会にとって魅力的な学会とは何か。そのためには学会は何ができるか。」を考え対応することです。本学会では,これまでに会員区分の改訂や年会費と組み合わせてサービス内容を選択できるようにする,奨励賞や優秀発表賞を設立し若手の研究を積極的に支援する,日本鉱物科学会の魅力を国際化という観点から紹介するために国際誌Elementsを配付するなどの対応をおこなってきました。今後は,将来地球惑星科学そして願わくば鉱物科学関連分野に進むきっかけとなるよう,小・中学生や高校生に学会の魅力を伝える活動を学会独自でまた日本惑星科学連合に集う諸学会と協力して行ってゆきます。そのためには,教職についておられる会員はじめ皆さんから意見を伺うことが不可欠です。もうひとつの対応は,ともすれば,大学や研究所のメンバーが中心となる学会活動に,趣味として鉱物や岩石に親しんでおられる方に参加していただくための努力です。そのために,必要に応じてアンケートを実施するなどして,会員の皆さんのご意見をできる限り反映させ,学会としての最善の方向性を見いだしてゆこうと考えています。
 もうひとつの大きな課題は,昨年度の申請時から大きく変更された,日本学術振興会科学研究費補助金の応募システムへの学会としての対応です。しかし,これは,決して本学会のみで対応できるものではありません。まずは申請課題の採択状況の把握からはじめ,関係学会と連絡を取って,どのような影響があったのかなどの情報の把握に努めます。
 本学会は,一般会員,永年会員,シニア会員,および学生会員からなる正会員と名誉会員から構成される社員よって運営されています。宮脇律郎副会長ならびに理事および幹事の皆さん,そして平島崇男監事のもと,鉱物科学の目指す方向,鉱物科学会としての課題について検討・対応するとともに,日本鉱物科学会が国際的にも地球惑星科学分野を牽引するために,学会の活力をいっそう高めていきたいと考えています。そのためには,会員皆さんのご協力が必要不可欠です。今後とも,いっそうのご協力とご支援を,重ねてお願いします。

Updated Nov. 08,2018

榎並 正樹 会長


Journal of Mineralogical and Petrological Sciences


岩石鉱物科学

Elements
Elements
日本地球惑星科学連合
IMA