一般社団法人 日本鉱物科学会 設立 ,移行のお知らせ
 

前日本鉱物科学会会長 小山内康人
    一般社団法人日本鉱物科学会会長 土`山 明
 

平成28年9月1日に設立登記を完了して一般社団法人日本鉱物科学会が設立されました。その後平成28年9月24日の任意団体最後の平成27年度総会において, 任意団体日本鉱物科学会の9月30日解散 と日本鉱物科学会残余財産及び会員の10月1日一般社団法人日本鉱物科学会移行が全会一致で承認されました。平成28年10月1日に全会員が一般社団法人日本鉱物科学会へ移行されましたことお知らせいたします。平成26年9月18日の熊本大学での総会で法人化準備WGの設置が承認されてから2年間にわたり,会員の皆様にはご理解とご協力をいただきましたこと厚く感謝申し上げます。今後ともご協力の程お願いいたします。⇒定款  ⇒役員

 

沿  革
平成19年(2007年)9月22日(土)東京大学で行なわれました「日本鉱物科学会」設立総会におきまして, 日本鉱物学会と日本岩石鉱物鉱床学会の統合,合併が全会一致で承認され 「日本鉱物科学会」として正式に発足しました。→会則(2011年9月11日改正版)


日本鉱物学会の沿革
  
  当学会創立以前の我が国の鉱物学者は、主として日本地質学会で活躍していました。しかし、本邦の鉱物学の進歩のため、および世界の同学の士とともに鉱物学の発展向上に貢献するためには、独自の学会の設立が必要という気運が次第に高まりました。  
  そこで1951年4月、京都で開かれた日本地質学会の折りに夜間小集会を開き、鉱物学者の緊密な連絡のもと、物理学者や化学者とも共同して研究を進め、知見の統一を図ることが話し合われました。しかし、鉱物学は地質学と密接な関係にあるので、日本地質学会の部会として発足するために努力することになり、その発起人として、伊藤貞一、渡辺武男、須藤俊男、片山信夫、柴田秀賢、田久保実太郎、大森啓一、吉村豊文、原田準平の9氏が選ばれました。 同年10月、発起人会が作成した部会としての会則案が日本地質学会評議員会で承認され、翌年4月、大分で開かれた同学会総会で部会として承認されました。そして1952年6月9日、東京大学理学部二号館講堂において、部会としての創立総会が開かれました。ちなみに発足当時の会員数は127名でした。  部会としての発足とともに、会誌の発行が企画され、1952年9月和文誌「鉱物学雑誌」が創刊されました。英文誌は当初「Mineralogia」という名称が考えられていましたが、南米に同一名称の雑誌が既に発行されていたため、「Acta Mineralogica」と変更しましたが、最終的には「MINERALOGICAL JOURNAL」という名称で1953年9月に創刊されました。以後、2誌ともに途絶えることなく刊行され、研究者への貴重な情報源としての役割を果たしてきております。  
 なお、1955年6月3日の総会において、当学会を日本地質学会の部会ではなく、日本鉱物学会とする決議を行い、以後独立した学会として基礎的テーマはもとより、それぞれの時代における最先端の課題や学際的なテーマに次々と取り組みつつ活発な学術活動を続けてきました。
日本岩石鉱物鉱床学会の沿革

 日本岩石鉱物鉱床学会(The Japanese Association of Mineralogists, Petrologists and Economic Geologists)は、岩石学、鉱物学,鉱床学,およびこれらと密接に関連した諸科学の発展と普及を目的として,1928年10月24日,初代会長神津俶祐として創立されました.その頃,日本においては岩石・鉱物・鉱床等を地質学的のみならず物埋・化学的な手法によっても研究しようとする気運が高まっていました。当時そのような分野で多くの先駆的な研究を行い,中心的役割を果たしていた神津俶祐が同志を募って設立したのが本学会の始まりです。  
 以来,統合するまで79年にわたり,会誌その他の出版物の刊行,学術講演会の開催、各種学術集会・シンポジウムの共催,研究の奨励を目的とした少壮研究者を表彰する研究奨励賞,当該分野に寄与の大きい優れた論文の著者を表彰する論文賞(新設)などを行って行ってきました。   
 1929年に月刊誌として会誌「岩鉱」(Journal of Mineralogy, Petrology and Economic Geology)」を創刊して以来,2000年3月まで刊行してまいりました。この「岩鉱」は,外国からの投稿も多く,日本国内で発行されている固体地球科学分野の雑誌のなかでも,国際的に引用される度合の最も高い雑誌の一つとなっており、岩石学,鉱物学,鉱床学ならびに関連諸分野の発展に大きく寄与してしてまいりました。が,これまで細分化,専門化されてきた岩石学,鉱物学,鉱床学などの分野を総合的・有機的に捉えることにより地球科学の原点に戻り,広い視野から関連諸問題の本質解明に貢献するものとして2000年4月より日本鉱物学会と共同して新たな下記2つの雑誌を発行してきました。
 

 Updated Sept. 02,2017


Journal of Mineralogical and Petrological Sciences


岩石鉱物科学

Elements
日本地球惑星科学連合
IMA